ウォールナット+ステンレスタンパー 49mm or 51mm or 58mm made in Italy

10,500円(税込11,550円)

商品説明

キッチンに映えるイタリアンウォールナットハンドルに厚みのあるステンレスベース 51mm or 49mmタンパー
La Pavoni(パボーニ)エスプレッソマシン 2000年以降モデル(51mm)または1999年以前モデル(49mm)に対応
使い込む程に味の出る無垢ウォールナットのハンドルが美しいタンパー。エスプレッソの本場Made in Italyです。
la Pavoni ラ・パボーニ エスプレッソコーヒーメーカー”PROFESSIONAL”、"Europiccola"2000年以降のモデル(マイクロフィルター径51mm)または1999年以前モデル(マイクロフィルター径49mm)用のコーヒータンパー
※ハンドル部分は無垢天然木の為木目は1点毎に異なります。元の木が持つ傷や節などがある場合があります。

タンピングについて

エスプレッソマシンのホルダーにコーヒー粉を詰めたのち、圧力をかけて粉を押し固める作業をタンピングといいます。エスプレッソの抽出には粉の挽き具合(メッシュの細かさ)とタンピングがとても重要です。
コーヒー粉に均等に圧力を掛けてベストな抽出をする為に、Pavoniをはじめエスプレッソマシンには金属ベースのしっかりしたタンパーの使用をおすすめします。
※タンパーはエスプレッソマシンのホルダー(フィルター)の径に有ったものをご使用下さい。

タンピングの手順
・ホルダー(フィルター)にコーヒー粉を入れたらホルダーと水平にタンパーで粉を押します。
・少し回しながら押すと表面がきれいに均されます。
・ホルダーの側面をタンパーで軽く叩いて側面に貼付いた粉を崩します。
・再度タンパーで軽く押して崩した側面の粉を均します。
・縁についた粉を拭き取ってマシンにセットします。
タンピングの強さ(圧力)は粉の細かさや状態により変わりますので抽出具合により最適な強さを掴んで下さい。

適正なタンピングの目安
○レバーが硬く、ポタポタと落ちる様に出てくる→タンピングが強すぎます。
○蜂蜜を垂らしたようになめらかに抽出される→タンピングは適正です。
 ※Pavoniの場合、レバーに力を掛けるとゆっくりと下がる位が適正です。
○抵抗が少なく、勢い良く抽出される→タンピングが弱すぎるか粉が粗過ぎます。

タンピングの強さにより抽出具合やクレマの出方にも違いが出ますので、好みに合ったベストな力加減を見つけて下さい。
エスプレッソには豆の挽き具合がたいへん重要です。エスプレッソに適したグラインダーをご使用下さい。

➡タンピングについてこちらの動画もご参照下さい。

※輸入品のためお届けまでに時間が掛かる場合がございます。

SPEC
・サイズ: 径49mm or 51mm or 58mm、高さ約95mm
 ・材質:天然木(ウォールナット)・ステンレス
・生産国:[イタリア製]

●関連keyword:[タンパー][タンピング][エスプレッソ][エスプレッソツール][バリスタ]

オプションの値段詳細

その他の詳細情報

販売価格 10,500円(税込11,550円)
型番 ES-TP-WN51

メルマガ登録・解除

最新情報やお得なフェアのご案内、お知らせなどをいち早くお届けします!
↓こちらにメールアドレスをご記入ください。


※メルマガはいつでもすぐに解除できます。

カテゴリー